肩書きじゃないのよ涙は、はっはーん!

f:id:ohyeah_saki:20170620173839j:plain

 

シマウマって、ワンワンって鳴くんだって!おおえです。

 

先日、絵本作家の荒井良二さんのワークショップに参加しました。

ワークショップも楽しかったのですが、荒井さんのお話もすごく良くって、ずっと首を縦にぶんぶんして同意していました。

 

「ワークショップは完成を真っ直ぐに目指すよりも、遠回りしたり寄り道したほうが楽しいんだよ。」

「完全な自由のなかで何かを作るのは逆に困ってしまうから、自分で負荷をかけた方がいいものができると思う。」

などなどお話しされていて、「せやせや!せやねんな!」と思っていました。

 

それで、「イラストレーターとか、絵本作家とか、なんでも肩書きに縛られるのはよくないですね。もっと自由に、色んなことをしたらいいと思います。」というお話もありました。

 

たしかに、わたしは今はイラストを描くのが好きだから「イラストレーターになりたくて」と話したり「イラストレーター」と名乗っています。

でも、ダンスとか、文章を書いたりとか、空間を作ったり、物語を考えたりすることも好きだから、

広い意味で「表現する」人になりたいんだなぁと改めて思いました。

 

だから、「イラスト以外にも色々なことに挑戦したいから、肩書きによって活動が狭まってしまわないようにしなくては!」と気づいたのでした。

色々な肩書きを持って活躍している著名人もたくさんいるけど、

今までにない肩書きなんかも作っちゃっていいんじゃないかしら!とも考えました。

 

最近は自分自身と向き合って、色々と悩んでいる日々ですが、

その中でも自分らしい「肩書き」が見つかるといいなぁと思います。