さきさんぽ3(+おさんぽのススメ)

ちょっと間が空いちゃいましたね、おおえです。

第1回のさきさんぽ、完結です。

それでは、はりきってどうぞー!

 

f:id:ohyeah_saki:20170627170704j:plain

f:id:ohyeah_saki:20170627170711j:plain

f:id:ohyeah_saki:20170627170714j:plain

f:id:ohyeah_saki:20170627170721j:plain

 

はい。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

わたし、昔っから街中を歩き回るのが好きで、特に生活感のある住宅街を歩くのが大好きなんです。

観光地だけだと、その街で暮らしている人の日常のにおいが分からないですよね。

だけど、住宅街に並んでいる家の形とかを楽しみながら、「この家かわいいなあ。ここに住んだら、きっとそこの郵便局にお世話になるんだろうなぁ。」とか想像しながら歩くのが、とっても楽しいんです。

 

そして何より、歩くだけなのでお金がかからない!おさんぽって、とってもリーズナブルな遊びなんですね〜。

そんな遊びを中学生のときぐらいから1人でしていて、仲がいい友達数人とも連れ立って歩いてみたりして。歩きながらでも、会話って弾むんですよね。

カフェでまったりとお茶しているときとは、また少し違った話になるのもおもしろい。

 

街を観察したり、おしゃべりを楽しみながら歩いていると、気がついたらとんでもない距離を歩いています。20kmとか…。(怖)

でもすっごく楽しい。人混みの中で歩くと、疲れてイライラして無口になったりするけど、なんでもない道を目的もなくぷらぷらするだけで、なにかしらの達成感を味わえます。

 

そして歩いたあとに、たまたま通りかかった地元の小さな銭湯とかに入れたら、もう最高!!

体は疲れて足はパンパンなのに、「いい1日だったなぁ…」とつぶやいてしまいます。

家に帰ってから地図を広げて、「今日はどのへんを歩いていたのかな?」と答え合わせをするのも、また一興。

 

なにか考え事をしたいときにも、歩くのってすごくいいらしいです。

歩いているうちに、頭の中でトントントンって考えがまとまったりするらしいんです。

「家でうじうじしとるんやったら、歩けー!!」ってことですね。

 

それで、そんな素晴らしいおさんぽを何かしらの形で記録したいなぁと思い、こんな感じのマンガを描いてみました。

初めて描いたから、内容がありのまますぎたり、展開も特に意識していなかったりで、まだまだ原石な感じが自分でもするのだけど、読んでくれた人からの反響がなかなかおもしろかったです。

 

「いいなぁ、楽しそう!わたしもさきさんと、おさんぽしたーい!」と言ってくれる友達がいたり、私のことを直接知らない人からも同じような意見をもらったりして、嬉しかったです。

そんな感想を聞いて、「わたし、おさんぽのプロになる!」と新たに決意をしました。

 

これからも色んな街を歩いて歩いて歩き抜いて、いつかおさんぽのお仕事を頼まれるようになるんだ!

 

さて、次はどの街でさきさんぽ?(番組のエンディングっぽく。)