山下達郎アレルギーになっちゃった話

f:id:ohyeah_saki:20170703195923j:plain

 

ギター弾けます。おおえです。

ピアノの楽譜は読めないけど、ギターのコードはギリ読めるんです。

 

タイトルについてなのですが、山下達郎ファンの人にまずはごめんなさい…。

わたし、山下達郎さんの曲を聴くと、なんかソワソワっとして、しんどくなるんです。

 

なんでかというと、なんでかっていうと!

幼少期のドライブ中に、車酔いしたときに限っていつも山下達郎が流れていた

ということが原因なんです。それだけです。

 

車に酔って「うー…」となっていたとき、いつも山下達郎が流れていたので、

ふとした時に山下達郎が流れてくると、車独特のにおいとかを思い出して、しんどくなってしまうんですよね。

達郎は悪くない!悪くないねんで、達郎!

 

この話を友達にしたら結構共感してもらえて、人それぞれの「車酔いソング」があるということが分かりました。姉の車酔いアーティストはモンキーマジックだそうです。

 

記憶とにおいとか、音楽との結びつきって改めてすごいなぁって思います。

例えばわたしは、RADWINPSを聴くと、高校生の日々をかなり鮮明に思い出すんですね。

すごい流行ってたし、バンドでカバーしたりしたもんね。メチャムズやったけど。指の皮むけたわ。

 

楽しかった思い出に浸りながら音楽を聴くと、タイムマシーンに乗ったような気持ちになって幸せだけど、何回もやりすぎると、思い出したときのことも一緒に思い出してしまって、本物の思い出に手あかがついてしまうから、たまにでいいや。