大事なものは天ぷらに。

f:id:ohyeah_saki:20170714222222j:plain

 

ブロッコリーは天ぷらが一番おいしいよ!おおえです。

 

疲れてるときって変な夢見るよね。

今まで私が見た歴代の夢の中で、一番摩訶不思議だった夢は、

すごい高いところから落ちたけど、下にダライ・ラマ柄の浮き輪があって助かったという夢です。

 

なんやねん。ダライ・ラマ柄の浮き輪て。ありがたすぎるわ。

 

たぶん、この夢を見た前日に、来日していたダライ・ラマの講演会を聴きに行っていたから、こんな夢をみたんだと思います。影響され方のクセがすごい!

 

今日のマンガの内容も、実際にみた夢です。

寝るかな?寝ないかな〜?の境目ぐらいのときって、筋が通っているようで全く意味がわからない夢を見る確率が高い気がします。

でも目が覚めたら、どんな話だったかものの数秒で忘れてしまっているんです。

だから、気になった夢はちゃんと記録しておかなきゃいけないですね。

 

このマンガは、「大事なもの(貴重品)を盗られるのが怖いなら、全部天ぷらにしてしまえばいいじゃない!」という画期的なアイデアが生まれた夢でした。

 

少し話は変わりますが、「海外にいくと日本人めっちゃスリに合う」っていう話をよく聞くじゃないですか。

スリのイメージが強すぎて、わたしはいつも「外国行きたいなぁ…けどスリがなぁ…すられるしなぁ…」と、行く予定もない外国の街に対して不安を感じてしまいます。

 

それで、スリに合わない作戦を何年も前から真剣に考えていたんです。

色々考えている中で、「自転車はシンプルなものより派手なものの方が盗られにくい」という話を思い出したので、その理論でいけばいいんじゃないかな!って考えたんです。

 

そこで、「日本人は日本人らしく、侍とか忍者の格好で外国の街を歩けばいいじゃない!」という結論に至りました。(暫定)

まさか懐に財布があるとは知らないだろうし、外見のものめずらしさで財布どころじゃないんじゃないかって。

下手したら刀でバッサー!!っていかれるんちゃうかっていう牽制の効果もありそうです。

 

この夏、海外に旅行される方は是非お試しください。